いちご鼻改善の失敗はコレ!間違った洗顔の事例。

間違った洗顔

いちご鼻や毛穴の開き黒ずみ・・・それらは良質な洗顔で洗顔を続ければ割と簡単に治るということを紹介してきましたが、中には間違った洗顔をしている人もいます。

 

当然ですが、間違った洗顔をいくら続けてもいちご鼻は良くなりません。

 

このページでは間違った洗顔の事例を紹介していきます。もし該当していたら、ただちにやめましょうね!

 

間違った洗顔ベスト6

毛穴を引き締めようと冷たい水で洗っている。

毛穴の汚れを落とすにはまず温めて毛穴を開く必要があります。それで初めて毛穴内部の汚れがゴッソリ落ちるのですね。ここまではいいんです。次に毛穴を引き締めようとして冷たい水ですすぐ人がいるんです。これはNG。冷たい水で洗っても、毛穴は締まりません。それどころかせっかく毛穴の中の汚れが緩んで出てきているのに、また固まってしまいます。洗顔のすすぎもお湯で行ってください。毛穴を締めるには専用の美容成分によるケアが必要なので、専用の毛穴ケアを使いましょう。

 

洗浄力が強い洗顔、効き目が強力な洗顔で洗っている。

いくら毛穴の汚れやあぶらを落としたいからといって、強すぎる洗顔を使うとさらに悪化してしまう場合があります。肌を傷つけたり肌にダメージを負わせると、それを修復するので精一杯になってしまいます。強すぎる洗顔を使ったからといって、毛穴の開きや黒ずみは治りません。成分が超ミクロにできた洗顔でなければ、本当の意味で毛穴の洗浄はできません。

 

ゴシゴシ強く洗っている。

きれいになってほしい願いを込めて、ついつい強く洗っている人は実に多いんです。やめましょう。強く洗っても意味がありません。毛穴の中に入り込める洗顔でなければ、毛穴の汚れは落ちないと理解してください。体洗い用のタオルで洗うのも、肌にダメージを与えるだけです。洗顔は良質なものを使い、指でくるくる回すように洗うのがコツです。

 

ササっと洗って終わり。

洗顔の時間が短ければそれだけ効果も落ちます。いちご鼻や毛穴が開いている人は、洗顔が手抜きになっているのがほとんどです。朝の忙しいのはわかりますが、そこを手抜きするからその日のお風呂までの12時間、顔にたっぷり脂がたまるのです。ですからここは面倒臭がらずしかり洗顔をしましょう。正しい洗顔を行うと、15分はかかってしまうものです。

 

毎日続けていない。

洗顔は継続して初めて効果が出てくるものです。いくら良い洗顔を使っていても毎日続けなければ効果は出てきません。仮に1日忘れただけでも、その1日でまたかなりの汚れやあぶらが溜まることになります。せっかくきれいにしてきたのに、また逆戻りです。洗顔は毎日しっかり行いましょう。また2、3週間程度でやめてしまう人もいますが、1ヶ月2ヶ月して本当の効果が見えてきます。毎日しっかり洗顔することで、あなたの肌は驚くほどきれいになっていくんですよ^^!

 

安い洗顔、低品質な洗顔を使っている。

洗顔をしているのに効果がない。そんな人はまず使っている洗顔が悪いのかもしれません。当サイトでは何度も書いておりますが、本当に高品質の洗顔やケア製品は日本に10個ありません。あなたの使っている洗顔は、本当にいちご鼻を治すための条件をクリアしているものでしょうか?まずは当サイトで紹介している高品質な洗顔ケアセットを使ってみて欲しいと思います。

 

いちご鼻は「質の良い洗顔商品」で「正しく洗顔を続ければ」治すことができます。

上記した6つの例、心当たりはありませんか?いちご鼻は通常の洗顔商品ではなかなか治すことはできませんが、質の良い毛穴ケア専用の洗顔を使ってちゃんと洗顔を続けていけば、だんだんキレイなツルリン鼻に改善していくことができます。有効な毛穴ケア商品や正しい洗顔方法については、以下の記事も合わせてお読みください。
→いちご鼻を治す正しい洗顔方法

 

≫≫いちご鼻を最短距離で改善する方法 top≪≪

 

いちご鼻改善の失敗はコレ!間違った洗顔の事例。【まとめ】

  • 毛穴を引き締めようと冷たい水で洗っている。
  • 洗浄力が強い洗顔、効き目が強力な洗顔で洗っている。
  • ゴシゴシ強く洗っている。
  • ササっと洗って終わり。
  • 毎日続けていない。
  • 安い洗顔、低品質な洗顔を使っている。
  • →質の良い商品を用意し、正しい洗顔を行えばいちご鼻は解消できます。